目次

TOPページ > 別冊号 > 別冊「動物法ニュース48号」2018年3月発行
管理者用

商品表示

別冊「動物法ニュース48号」2018年3月発行

カッコ内の肩書きは発行当時のものです。

巻頭言

  • 平成30年法改正の課題…松野頼久(前衆議院議員)
  • 動物の命の思い出と動愛法改正への作業…福島みずほ(犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟 事務局長・参議院議員)
  • 命に優しい国を目指して…藤野真紀子(元衆議院議員)

2018・動物愛護管理法の法改正を求める 私達は次の法改正を求めます…THEペット法塾、全国動物ネットワーク(ANJ)


動物愛護管理法の解説と問題

動物愛護法年表 …吉田眞澄(元帯広畜産大学副学長)
動物愛護管理法の歴史と基本法
  • 動物愛護管理法の歴史と課題…植田勝博(弁護士[大阪])
  • 動物基本法としての動物愛護管理法…植田勝博(弁護士[大阪])
  • 2018年動物愛護法改正について考えること…高木優治(新宿区人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会顧問)
動物取扱業
  • 動物取扱業の規制について…植田勝博(弁護士[大阪])・日髙伸哉(弁護士[大阪])
特定動物…大久保さやか(弁護士[仙台])
周辺環境
  • 周辺の生活環境…大久保さやか(弁護士[仙台])
動物取扱業の規制、動物飼養者の違法に対する行政規制…植田勝博(弁護士[大阪])

行政の動物の引取と殺処分の禁止

行政の動物引取と殺処分
  • 行政の、動物引取の禁止の原則、遺失物法、里親募集の義務の新設…植田勝博(弁護士[大阪])
  • 殺処分と動物愛護法…田坂一也(弁護士[大阪])
  • 平成28年度行政の引取・返還・譲渡・殺処分…岡田仁志(兵庫県)
遺失物法
  • 動物愛護管理法と遺失物法…夛田有里(弁護士[大阪])
  • 「警察庁丁地発第238号」はマヤカシ…溝淵和人(動物ボランティアCat28[キャットにゃ~]代表)
野良猫餌やり禁止とTNRの妨害
  • 餌やり禁止条例が野良猫問題の解決につなげられるか…太田匡彦(朝日新聞)
  • 野良猫の法改正の必要─野良猫の引取禁止とTNR─ …植田勝博(弁護士[大阪])
  • 京都市野良猫餌やり・TNR妨害…畑 初美・佐川久子(京都野良猫保護連絡会)
  • 野良猫餌やり妨害事件─京都地裁平成29年3月23日判決─…植田勝博(弁護士[大阪])
  • 愛知県「地域猫の現状」…植木祐子(おおぶ地域ねこの会代表[愛知県])
野良猫との共生の行政
  • 神戸市における野良猫対策について…森 喜平(神戸市人と猫との共生推進協議会事務局長)
実験動物
  • 動物実験における登録制と獣医師の責任について…末田輝子(実験動物飼育職員)
  • 動物の尊厳への配慮と動物実験…藤沢顕卯(NPO法人 地球生物会議[ALIVE]調査員)
  • 実験動物の法律規制の必要…植田勝博(弁護士[大阪])
産業動物
  • 産業動物の動物福祉…太田匡彦(朝日新聞)
動物犯罪
  • 動物犯罪と罰則…渋谷 寛(弁護士[東京])
  • 行政施設における動物虐待を見逃してはならない…鶴田真子美(全国動物ネットワーク代表)
  • 虐待を受けた動物の救護に関する法改正の一試案…坂本博之(弁護士[茨城])
  • 動物犯罪に対する警察のあり方と立法の必要(警察庁「生経通報」)…植田勝博(弁護士[大阪])
被災動物
  • 被災動物の法改正の必要性…植田勝博(弁護士[大阪])
野生動物
  • 日本人が狂ってしまった国が進める野生動物の大量殺害…森山まり子(一般財団法人日本熊森協会会長)
海洋生物
  • 国内動物保護5団体共同声明…全国動物ネットワーク(ANJ)
外来生物
  • 外来生物法…佐藤由紀子(弁護士[仙台])
日本のペットの法律についての提言…エリザベス・オリバー(アーク[アニマルレフュージ関西]代表)
資料
  • 平成24年改正法の付帯決議

シリーズ1 行政

  • 行政の狂犬病予防法違反について…溝淵和人(動物ボランティアCat28[キャットにゃ~]代表)
  • 行政の回答

シリーズ2 動物保護

  • 猫に癒されてこの齢まで生きられた…松橋傳三(滋賀県)
  • 追加資料 野良猫との共生─行政・地域・ボランティア─…高木優治(新宿区人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会顧問・NPO法人アナイス理事)
事務局だより
犬のしつけ教室…岡部千鶴(Shine Foot トレーナー)
     商品名
別冊「動物法ニュース48号」2018年3月発行
     価格
1000円

【注文方法】

  • バックナンバーの購入をご希望の方は、必要事項(ご希望の号数・冊数とお名前・Eメール・郵便番号・ご住所・事務所名・お電話番号・FAX番号)をご記入の上、下記までお申し込みください。
  • 申込先:(一社)消費者法ニュース発行会議
    FAX(06)6366−5040
    メール shohinew@yk9.so-net.ne.jp