目次

TOPページ > 別冊号 > 別冊「動物法ニュース49号」2019年2月発行
管理者用

商品表示

別冊「動物法ニュース49号」2019年2月発行

カッコ内の肩書きは発行当時のものです。

  • 第4次動物愛護管理法改正特集号の意味と編集方針…植田勝博(動物法ニュース発行責任者)
  • 動物愛護管理法制定50周年の姿・形…吉田眞澄(元帯広畜産大学理事 副学長・弁護士[京都])
  • 動物愛護管理法と現実・理想の架橋…吉田眞澄 (元帯広畜産大学理事 副学長・弁護士[京都])

Ⅰ  第4次動物愛護管理法改正に対する関係者の諸活動

  • 愛護議員連盟の活動状況、動物愛護法改正の骨子案…福島みずほ(犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟 事務局長・参議院議員・社民党副党首)
  • 動物愛護法改正作業について…生方幸夫(衆議院環境委員会理事 衆議院議員[立憲民主党])
  • 動愛法先進国・日本に向けて…松野頼久(元衆議院議員・元犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟会長)
  • 世界最高基準の「数値化」と「タイミング」…塩村あやか(元東京都議会議員・放送作家)

Ⅱ  動物愛護思想の基本問題と立法技術上の諸課題の克服

1  動物愛護思想と動物関連法令全体の点検と対処
  • 生かすための制度、生かすための要件とは?  平成24年改正法附帯決議の徹底検証・動物取扱業規制他…鶴田真子美(全国動物ネットワーク[ANJ]代表)
  • 実験動物の早急な法改正の必要…植田勝博(弁護士[大阪])
  • 第4次動物愛護管理法改正 法律の実行化の必要…青木貢一(動物との共生を考える連絡会代表・獣医師)
2  産業動物と福祉
  • 殺される動物に愛護は必要か?…佐藤衆介(帝京科学大学応用動物行動学研究室教授)
3  動物犯罪の重要性認識の昂揚と罰則及び適用の強化
  • 愛護動物犯罪(第44条1項・2項)について…浅野明子(弁護士[東京])
  • 罰則強化の検討…渋谷 寛(ペット法学会事務局長・弁護士[東京])
4  動物愛護管理法の所要システムの整備
  • 遺失物法違反の殺処分…夛田有里(弁護士[大阪])
  • 動愛法改正では動物愛護法に遺失物法の適用があることを明示して整合性をとってほしい…岡田実千代(兵庫県)
  • 狂犬病予防法と動物愛護管理法の整合性について…溝淵和人(動物ボランティアCat28[キャットにゃ~]代表)
  • 動物愛護法に違反する殺処分行政の実態…岡田仁志(兵庫県)
5   殺処分ゼロ行政と保護施設(シェルター)の役割
  • 動物シェルター 殺処分0へのもう一方のアプローチ…榊原大輔(弁護士[大阪])
  • 殺処分ゼロのための行政の動物シェルターの必要性─行政の役割・民間の補完─…植田勝博(弁護士[大阪])
6  第4次動物愛護管理法改正と動物基本法への対応
  • 動物基本法の試案…坂本博之(弁護士[茨城])
  • 動物基本法としての動物愛護法 ─その発展のあり方─…植田勝博(弁護士[大阪])
7  行政経験者から見る第4次動物愛護管理法改正
  • 動物愛護法改正に関する考察 ─地域猫対策やその他の課題─…髙木優治(新宿区人と猫との調和のとれたまちづくり連絡協議会顧問・NPO法人アナイス 理事・元新宿区職員)
8  弁護士活動から見る第4次動物愛護管理法改正
  • 2019年動物愛護法改正に望むこと…大久保さやか(弁護士[仙台])
9  現場と行政、現場と立法の橋渡しの弁護士活動
  • 殺処分ゼロを求める ─附帯決議を法律へ…植田勝博(THEペット法塾代表・弁護士[大阪])

Ⅲ  殺処分ゼロ社会の実現に向けたボランティアの役割

  • 遺失物法との乖離・殺処分ゼロへ 動物愛護管理法の改正について…溝淵和人(動物ボランティアCat28[キャットにゃ~]代表)
  • 京都市における野良猫問題 行政は野良猫のボランティアを支援してください。妨害はしないでください。…佐川久子(京都野良猫保護連絡会)

Ⅳ  動物の現場と動愛法改正の必要性

  • 動物愛護法改正を巡る諸情勢 ─動物福祉、ペット産業のあり方、行政殺処分、産業動物…太田匡彦(朝日新聞)

Ⅴ  殺処分ゼロ社会を実現する目標の設定

  • 2019年動愛法改正とあるべき改正…青木貢一(動物との共生を考える連絡会代表・獣医師)

資料

  • TOKYO ZEROキャンペーン ─すべてのペットが幸せになれる東京へ─
  • 殺処分行政の違法、犯罪
  • THE ペット法塾の得た主要な判決など
  • 「野良猫餌やり禁止」の誤りを正すテキスト
     商品名
別冊「動物法ニュース49号」2019年2月発行
     価格
1000円

【注文方法】

  • バックナンバーの購入をご希望の方は、必要事項(ご希望の号数・冊数とお名前・Eメール・郵便番号・ご住所・事務所名・お電話番号・FAX番号)をご記入の上、下記までお申し込みください。
  • 申込先:(一社)消費者法ニュース発行会議
    FAX(06)6366−5040
    メール shohinew@yk9.so-net.ne.jp